モダンリビング・コラム
下田結花の
「心地よさのつくり方」

<掲載>モダンリビング
設計/ 森山善之+荻野志保美(建築設計事務所バケラッタ)
撮影/下村康典

第2回 椅子と緑で「過ごすための庭」をつくろう

 暑くもなく、寒くもなく、湿度も低く、爽やかな風が吹く5月の東京は、本当に心地よい季節です。梅雨入りまでの短い期間ですが、それだけにとても貴重です。私はこの季節になると、1日に一度は外で過ごしたくなります。アウトドアでは、原稿書きやメールチェックといった仕事も室内よりずっとストレスが少なく、気持ちよくできるからです。そして、外で食べるご飯の美味しいこと! シンプルなものでも、特別に感じられるのはなぜでしょう? 風と光がスパイスになるからかもしれませんね。屋外にテーブルがあるカフェやレストランもいいのですが、自宅の庭なら手軽にいつでも外ご飯が可能です。

 「庭」というと、大掛かりなものを想像するかもしれません。けれど、小さな中庭やテラスも立派な庭。マンションのベランダも、つくり方次第で十分庭になります。かつて庭は「眺める」ためのものでしたが、今、欲しいのは「過ごすための庭」です。朝のコーヒー、読書、お昼ご飯、そしてお茶をしてぼーっとするーそんな時間を過ごすためのいちばん気持ちいい場所。それが「庭」なのです。

 では、そんな庭はどうやって作ったらいいのでしょうか? まずは、椅子を一脚とグリーンの鉢植えやハーブを一緒に置いてみましょう。屋外家具だけでも、緑だけでもダメなのです。両方あって初めて、そこで過ごしたいという気持ちになるもの。椅子と鉢植えくらいなら、小さなベランダでもすぐに実現可能です。庭はいわば、「天井のないもう一つの部屋」。そこで飲む一杯のビールやお茶の時間は、あなたの暮らしを確実に豊かに変えてくれることでしょう。

下田結花(モダンリビング・パブリッシャー)

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。