モダンリビング・コラム
下田結花の
「心地よさのつくり方」

<掲載>モダンリビング
設計/ 森山善之+梅木寿人(建築設計事務所バケラッタ)
撮影/下村康典

第3回 ダイニングルームは椅子から考える

 あなたはリビングとダイニング、どちらにいることが多いでしょうか。あなたの家族はいかがですか。小さい子供がいる家庭では特にそうなのですが、ダイニングテーブルで過ごす時間がかなり長いのではないかと思います。食事だけではなく、勉強したり、ちょっとした片付け物をしたり、ときには仕事をしたり。取材でもそんな家庭を数多く見てきました。そうしたライフスタイルでは、大きな木のダイニングテーブルが使いやすいものです。こちらの端では子供の勉強、向こうの端ではアイロン掛け。そんな使い方ができるのも大きなテーブルだからこそ。インテリアショップでも、質感の優しい木のダイニングテーブルの需要が増えていると聞きました。

一方、テーブルには意識が向いていても、意外と気がつかないのが椅子です。家族全員お揃い、がまだまだ一般的。でも、お父さんと子供では身体の大きさも違います。背の高さが5センチ違えば、座りやすい椅子のシートハイは変わってきます。ですから理想を言えば、1人1脚ずつ合う椅子が欲しいくらいなのです。それは難しいとしても、全部お揃いにしなくては、という固定概念を捨てましょう。4脚なら2脚ずつ、座面の高さの違うものや、デザイン違いを置くことをお勧めしたいと思います。これならバラバラな印象になりません。

色や素材も思い切って変えてみましょう。革とファブリック、オレンジ色と紫色。写真のように、意外としっくり合ってしまうものなのです。その時々で座る椅子を変えることで、気分も変わります。大きな家具を買い替えるのは難しくても、一部の椅子を新しくしてみるのはいかがですか。インテリアの楽しみがきっと生まれてくるはずです。

下田結花(モダンリビング・パブリッシャー)

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。