モダンリビング・コラム
下田結花の
「心地よさのつくり方」

撮影/下村康典
設計/森清敏+川村奈津子(MDS一級建築士事務所)

第5回 小さな寛ぎスペース「コージーコーナー」

 「コージーコーナー」のcozyとは、英語で「居心地のよい、こぢんまりとした」という意味です。家全体の心地よさは、小さなコーナーが積み重なって叶います。ですから、一箇所ではなく、さまざまな場所に、コージーコーナーがあるのが理想です。

 コージーコーナーといっても、難しいことではありません。畳1枚分があればできてしまう、それがコージーコーナー。まずは、坐り心地のよい椅子を1つ用意しましょう。リクライニングの機能や、オットマンがあったりすると、さらにいいですね。そして傍には小さなサイドテーブルを1つ。グラスを置いたり本を置いたり…その程度のものなので、テーブルでなくても、スツールや木の箱、あるいは大きな本を積み上げてでも構いません。手の届くところに、グラスやカップを置くことができる、ということが大切なのですから。

 そしてもう一つが照明です。手元が暗いと、本を読むにも不自由します。できればスタンド式のフロアライトか、テーブルの上に置く照明を。引き寄せられたり角度を変えられたりすると、使い勝手がよいものです。

 椅子、テーブル、照明、これがコージーコーナーの3つの要素。さらに加えるとすれば、足元に小さなラグや、音楽が聴けるシステム、冬は膝掛けなどがあると文句なく快適です。こんなコージーコーナーなら、新しい家具を買わなくても、工夫すればできるのではないでしょうか。家でくつろぐためには自分の居場所が必要です。家族のために、コージーコーナーをつくってみてはいかがでしょう。

下田結花(モダンリビング・パブリッシャー)

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。