モダンリビング・コラム
下田結花の
「心地よさのつくり方」

撮影/下村康典

第7回 見せていい物、見せてはいけない物ーー
収納は分けることから始める

 多くの方からインテリアについて質問を頂きますが、半分くらいは収納に関してです。どんなにきれいに片付けても、家族が散らかしてしまう。子供がいるから片付かない。収納スペースが圧倒的に足りない…など悩みは尽きないようです。持っている物の量、家族構成、住んでいる家、収納スペースによって答えは違ってきますが、私が300件以上の住宅を取材して、思ったことーーそれは全てを見えないようにすることが収納ではない、ということです。普段よく使う物や自分が眺めていたい物もあります。どうしたら物があっても汚くなく、すっきりと見えるのでしょうか。

 海外の住宅を取材している時、こんなに物があるのにどうして雑然としないのだろう、と思うことが度々ありました。そうした家をよく見てみると、出しておいて美しい物しか目に入らないようになっているのです。暮らしている以上は、実用性が優先され、美的でない物もあります。そういうものは扉付きの棚の中にしまわれています。例えばイタリアの家庭では、シンクの中にはスポンジや洗剤を出しておきません。扉の中に受け皿があって、そこにしまうようにしています。

 そしてもう1つ、人工的な素材は表に出ていません。例えば見えるところにある物はほとんどが天然素材です。プラスティックがないだけで、部屋の景色はずいぶん変わります。

 見せて良い物と見せてはいけない物を分ける。それが収納の第一歩のような気がします。緩やかな基準なので、どなたにでもできることではないでしょうか。そして見せてはいけない物は徹底的にしまう。収納問題の解決は、そこからから始めてみませんか?

下田結花(モダンリビング・パブリッシャー)

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。