モダンリビング・コラム
下田結花の
「心地よさのつくり方」

撮影/下村康典

第8回 バスルームはリラックススペース

 寒くなってくると、お風呂が恋しくなりますね。温かい湯船につかってほっと一息。1日の疲れを忘れる瞬間です。こういう感覚は、日本人ならではなのかもしれません。デンマークに取材に行った時、バスタブのない住宅がいくつもありました。シャワーブースだけで、特に不自由は感じないそうです。

日本人にとっての理想のお風呂。それは露天風呂に尽きるのではないでしょうか。自然や風、光を感じながら入るお風呂は、本当に至福のひとときです。自宅でそれができたら、こんな素晴らしいことはありません。もし新築やリノベーションの予定があるなら、お風呂のことを改めて考えてみませんか。お風呂には大きく分けて、ユニットバスと造作バスがあります。ユニットバスは機能性、価格、水漏れの心配がないなどのメリットがありますが、プランや素材の自由がきかないというデメリットも。シャワーブースや置きバスにしたい、ホテル仕様のガラスに、などの希望があるなら造作バスに。ただ、最近ではユニットバスも、テラスに出る引き戸をつけられるハーフユニットや、気泡、風、光を調整できる高機能のものもあります。

お風呂を体を洗うための場所、としてではなく、リラックスするためのスペース=「部屋」と考えてみましょう。小さなスペースでもグリーンを置いたり、時にはハーブバスやキャンドルを灯してのバスタイム。ちょっとしたことで、お風呂の時間はいっそう豊かになります。そして、もし可能ならば、椅子一脚のスペースでもいいので、お風呂から出られるテラスをつくりましょう。テラスにグリーンを置き、ドアを開ければ光と風が入り、小さな露天風呂に。バスルームというリラックススペースを大切にしたいですね。

下田結花(モダンリビング・パブリッシャー)

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。