モダンリビング・コラム
下田結花の
「心地よさのつくり方」

撮影/下村康典
設計/ラブアーキテクチャー 一級建築士事務所 浅利幸男

第10回 トイレも「小さな部屋」

最近は、バスルームとトイレと洗面が1つになったスペースも多いのですが、多くの場合、家の中でいちばん「小さい部屋」はトイレということが多いのではないでしょうか。そのせいもあって、トイレは、必要最小限の実用的なスペースになってしまいがちです。しかし、小さいスペースだからこそ、トイレも1つの部屋と考えてみると様々な可能性が生まれます。

もしこれから新築やイノベーションを考えているのなら、ほんの少しトイレのスペースを広くしてみましょう。
畳1枚分のスペースが増えると、引き戸にすることによって車椅子対応にもできますし、洗面スペースをゆったり取ることもできます。
写真は、リノベーションによって作ったゲスト用トイレ。壁紙を吟味し、照明も間接照明にし、余裕のある洗面スペースには、花を飾ったり、絵を置いたり。

私の自宅のトイレは、これほど広くありませんが、楽しい柄の壁紙を貼り、壁にはアンティークの収納を掛け、アートの額を飾っています。
できるところから、トイレという「小さな部屋」の模様替えをしてみませんか?

下田結花(モダンリビング・パブリッシャー)

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。