イマドキの暮らしを実現! 毎日を豊かにする「上級」な住まいづくり

第2回 イマドキの家事がラクな暮らし ゆとりの時間を生み出す住まい

美味しい料理が手早くできて、掃除がラクで、洗濯もアイロン掛けもスムーズにできる、そんな家なら暮らしにゆとりが生まれ、毎日をもっと楽しく豊かに暮らせるようになります。今回は、家事そのものを楽しくしてくれる、イマドキの家事がラクな住まいづくりのアイデアをご紹介します。

写真1:家事がラクにできる家なら、質の高い暮しが送れます。我が家の家事スタイルに合ったプランを考えてみましょう。
INDEX

【1】毎日の動き方を考えれば家事がラクな家が見えてくる

写真2:洗濯機~乾燥~たたみ~クローゼットまでがスムーズに繋がる間取りなら、夜の洗濯も楽にこなせるようになります。

忙しい毎日ですから、家事はできるだけ手早く済ませたいものです。このような家事の手間は家のつくりに大きく左右されますので、住まいづくりの際には家事をラクにする視点を忘れずに持つことが大切です。

家事はご家庭によって優先順位や方法が異なります。我が家ならではの家事がラクな住まいを見つけるために、まずは我が家の家事のやり方をおさらいしてみましょう。

例えば、夜に洗濯をする人は、ランドリースペースに部屋干しコーナーを作っておけば、洗濯機から出してその場ですぐに干すことができて便利です。また洗濯物は畳んでしまうのが意外と手間ですから、乾燥機や干し場の近くに、畳みやアイロン掛けができるカウンターを設置し、そのままクローゼットへとつながる間取りにしておけば、夜の忙しい時間の合間にもサッと家事を終わらせることができます。

掃除をラクにするためには、清掃性が良いバスやキッチンを選ぶだけでなく、収納には扉を付けホコリが溜まらないようにする、汚れが付いてもサッとひと拭きで落とせるようなコーティングがされた壁材や床材、扉材を選ぶなど、小さな工夫を積み重ねることで、手間なく家を美しく維持できるようになります。

【2】オーブンや食器洗い機、食品庫のプランで家事がもっと楽しくラクになる

写真3:ビルトインオーブンも使いやすい高さに設置すれば、料理中の動きがスムーズになります。

炊事を楽にするためにはキッチンプランの工夫も欠かせません。
例えば、大型のビルトインオーブンや食器洗い機はキッチンの下の方に設置するものと思いがちですが、もっと自由にレイアウトすることで、更に家事効率が上がります。オーブンが下方にあると腰をかがめる必要がありますが、コンロと高さをあわせてトールキャビネットなどにビルトインすれば、オーブンからコンロ、シンクへと横スライドでスムーズに移動ができます。食器洗い機もシンクの斜め下に設置するのが定番ですが、2列型キッチンにしてシンクの対面側に取り付けるのも便利です。

忘れがちなのが、作業スペースの確保です。シンクとコンロの間のスペースが狭いと、調理や盛り付けに手間取り、家事の効率が落ちてしまいます。キッチンプランはスペースに余裕を持って計画しましょう。

写真4:パントリーがあると食品の管理がしやすいため、料理のしやすさが格段に上がります。

炊事を楽にするためには、食品庫のプランも重要です。昔と比べてストック食品の種類と数が格段に増え、これまでのようにキャビネットの一部に食品を収納するようなプランではカバーしきれなくなっています。

そこで最近注目されているのが、パントリーが付いたキッチンです。パントリーとは食品をストックする小部屋のことで、保存食品や缶詰はもちろん、備蓄食料などもまとめて収納できるように計画します。

パントリーを上手に作るコツは、庫内全体をひと目で見渡せるようにすることです。いくら収納容量が大きくても、奥行きが深く、内部が見えにくい食品庫では、結局、賞味期限が切れた死蔵品を生み出すだけ。棚の奥行きを浅くする、ワイヤーの棚で視界を良くする、スライド引出しを活用するなどの工夫で、見やすく出し入れしやすいパントリーにしましょう。

パントリーがあると、食品の管理がしやすくなるため、賞味期限切れを防ぎ、食品の無駄を防いでくれます。何より、美しく並んだ食品たちを眺めながら今日は何を作ろうかと考えるのも、楽しいひと時となることでしょう。

実際のモデルハウスの画像はこちらからご覧いただけます。

こだわりのキッチン

【3】キッチン脇のヌックで、自分だけの時間を楽しむ

家事がラクになれば、その分、時間にゆとりが生まれます。サッと掃除を済ませて、美味しい料理をパッと作って、後片付けも手早く終えたら、空いた時間にヌックでゆったりティータイムを楽しむのはいかがでしょう。

写真5:ヌックは自分だけの小さなカフェ。家事がラクになった分、心癒されるスペースでゆったりとティータイムを楽しむのはいかがでしょう。

ヌックとは、こじんまりとしたくつろぎのスペースのこと。階段下や廊下の突き当り、キッチン脇のくぼみなどに椅子とテーブルを置いてカフェのように設えたり、部屋のコーナーの床を一段上げて寝そべるスペースを作ったりするのも良いでしょう。広さは2畳ほどあれば十分です。

家事がラクになった分、日当たりの良いヌックでお茶を飲んだり、読書をしたり、家事の合間にほっとひと息つける癒しの空間で、自分だけの楽しいひと時を過ごしましょう。

駒沢公園ハウジングギャラリーには最新の家事がラクな住まいが数多く揃っています。我が家の家事スタイルにあった家を見つけに、ぜひ出かけてみてください。

駒沢公園ハウジングギャラリーのモデルハウスはこちらからご覧いただけます。

気になるモデルハウスをチェック

気になるモデルハウスがございましたら、ぜひご来場いただき素晴らしいしつらえの実物をご覧ください。

監修・情報提供:尾間 紫
(住宅・リフォームコンサルタント/一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター) 一級建築士事務所 OfficeYuu 代表。

生活情報サイトAll Aboutリフォームのオフィシャルガイドとして業者選びからプランの立て方など実践的ノウハウを発信。テレビや雑誌、新聞掲載、講演などで活躍している。

©2020 Next Eyes.co.Ltd
本記事はネクスト・アイズ(株)が記事提供しています。
本記事に掲載しているテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。