後悔しないための! 本当に幸せな「住まい」のつくり方

第3回 収納計画で生き方まで変わる
ドレッシングルームでファッションを思い切り楽しむ

収納は単にモノをしまう場所ではなく、毎日の暮らしを美しく豊かに彩ってくれるバックヤードのような存在です。つい収納量ばかりに気を取られがちですが、それだけでは大切なことを見落としてしまうかも。今回は、ファッションを思い切り楽しむドレッシングルーム計画についてご紹介します。

写真1:ドレッシングルームがあれば、毎日を美しく楽しく暮らせます。
INDEX

【1】悩みの種になりがちな衣類の収納、そのクローゼットは美しいですか?

写真2:パイプに掛ける衣類の着数だけを見れば壁面クローゼットが効率的。でももっとファッションを楽しみたいならまた別の形もあります。

家の中で収納に困るものの代表と言えば衣類です。ブラウス、ワイシャツ、スカート、パンツ、セーター、スーツ、コート、それにアクセサリーやスカーフ、バッグ、帽子など、いつの間にか増えて、クローゼットがギュウギュウ詰めになっているお住まいをよく見ます。

だからと言って、単に容量が大きいクローゼットを作っても、どこに何があるかが見えにくいので服を選ぶのに手間が掛かる、奥の方にあるものの存在を忘れる、既にあるのに見落として似たようなものを何着も買ってしまうといったことが起きがちです。

クローゼットで大切なことは、衣類を適切な状態で管理しながら、楽しく衣類を選んで、スムーズに着替えができることにあります。そのためには収納容量だけでなく、パイプや棚、引き出し、照明、床や壁、天井の仕上げなど内部のつくりが重要となり、加えて着替えスペースや鏡についてもしっかりと検討する必要があります。

ファッションはクローゼットから生まれます。美しく装い豊かな気持ちで毎日を過ごすためには、クローゼットも美しくあることが大切なのです。

【2】美しい装いは美しい収納から生まれる、わが家のドレッシングルーム計画

写真3:ドレッシングルームの中は明るく。カウンターを設置すれば中で衣類のたたみやアイロン掛けもできるようになります。

ファッションをより楽しむ暮らしをしたいなら、ドレッシングルームを作るのはいかがでしょう。ドレッシングルームとは、ウォークインクローゼットに着替えスペースや鏡などを組み込んだ、大型の衣類部屋のことを言います。

ドレッシングルームは、すぐその場で着替えができるので、ファッションのコーディネートがしやすく、またアイロン掛けやたたみ、裁縫などができるカウンターやデスクを設置しておけば、出かける前にサッとアイロンをかけたり、その場でボタン付けができたり、衣類の管理もしやすくなります。

置き場に困ることもある婚礼タンスを中に組み込んでも良いですね。着物が多いご家庭の場合は、中に小さな畳コーナーを作っておけば、ラクに着ることができます。

ドレッシングルーム内は、適切なカラーコーディネートができるよう、自然光に近い光色の照明を使ってまんべんなく明るく照らしましょう。暗い部分があると探しものが大変になります。LEDなら紫外線がほぼ出ないので、色褪せの心配も不要です。

ドレッシングルームの明るい光の中、全身がうつる鏡の前で毎日の洋服選びができたら、ファッションを考えるのが更に楽しくなり、普段着もセンスアップしそうですね。

写真4:アクセサリーやバッグ、腕時計などの居場所も定めておくのがコツです。

ドレッシングルーム内は衣類の管理がしやすいよう、「ものの居場所」を決めておきましょう。四角い部屋にパイプを取り付けるだけでは、どこに何があるか分からなくなります。

衣類の整理整頓のヒントとなるのは、皆さんが持って歩くバッグやお財布です。化粧品はポーチに入れ、お金はお財布に入れます。お財布の中も紙幣と小銭は分けて収納をし、カードもクレジットカードとポイントカードは別にしている方が多いのではないでしょうか。

ドレッシングルームも同じです。衣類なら、積み重ねると型崩れがしやすいワイシャツは専用棚に、ずり落ちやすいパンツは専用ハンガーでまとめるなど種類別に分類をしておきましょう。

また上に着るものは上部に、下に着るものは下部に、そして色別に並べておけば管理もコーディネートもしやすくなります。アクセサリーやスカーフ、バッグ、帽子などの小物類も置き場を決めておきましょう。

「ものの居場所」を決めて整理整頓をしておくと、自分にとって価値のあるものと、そうでないものの区別が自然についていきます。ギュウギュウな状態では玉石混淆の状態ですから、自分にとって本当に価値のあるものを見失ってしまうかも。

実際にクローゼットのリフォームをして最初にしたことは不要品の処分で、衣類に限らず本当に価値があるもの、自分にとって必要なものを大切にするようになったという声は少なくありません。

収納で生き方まで変わるのですね。

実際のモデルハウスの画像はこちらからご覧いただけます。

収納・クローゼットからモデルハウスを探す

【3】未活用空間を活かす、リフォームで作るドレッシングルーム

写真5:ドレッシングルームは、他の部屋と同じように快適で機能的な環境づくりをしましょう。

衣類の収納で悩んでいるなら、あまり使っていない空間を再生してドレッシングルームにするリフォームをするのはいかがでしょう。例えば、活用できていない和室や、空き部屋になった子供部屋などがあったら、そのままにしないでこれからの暮らしに活かしましょう。

リフォームの際の注意点は、結露対策をしておくことです。築年数が建ったお住まいの場合、断熱性能が低いと、北側の壁面などに結露をすることがあります。結露は衣類にカビや虫を呼び、人の健康にも良くありません。

結露は断熱性能の向上リフォームで改善でき、また内部に湿度を調整する壁材を使うのもおすすめです。他にも掃除がしやすく、暑さ寒さを防ぐなど、収納内部も他の部屋と同じように快適で機能的な環境を目指しましょう。

収納計画で大切なことは、自分にとって大切なものを見失わないようにしておくこと。美しく充実した毎日を過ごすためのドレッシングルーム計画を考えてみてくださいね。

駒沢公園ハウジングギャラリーでは、様々な生活スタイルに合わせたバリエーション豊かな収納プランを実際に見て、体感することができます。新築や建て替え、リフォームなど家づくりの参考に、ぜひご家族そろってお出かけください。

駒沢公園ハウジングギャラリーのモデルハウスはこちらからご覧いただけます。

気になるモデルハウスをチェック

気になるモデルハウスがございましたら、ぜひご来場いただき素晴らしいしつらえの実物をご覧ください。

監修・情報提供:尾間 紫
(住宅・リフォームコンサルタント/一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター) 一級建築士事務所 OfficeYuu 代表。

生活情報サイトAll Aboutリフォームのオフィシャルガイドとして業者選びからプランの立て方など実践的ノウハウを発信。テレビや雑誌、新聞掲載、講演などで活躍している。

©2021 Next Eyes.co.Ltd
本記事はネクスト・アイズ(株)が記事提供しています。
本記事に掲載しているテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。