憧れの暮らしを実現する ワンランクアップの『住まい』の作り方

第7回 我が家でグランピングを楽しむ プライベートガーデンのある暮らし

グランピングとは、グラマラスとキャンピングを合わせた造語で、ちょっと贅沢にそして手軽にアウトドアを楽しむスタイルのこと。今回は、キャンプ場に行かなくても我が家でゆったりとグランピング!休日がぐっと楽しくなる家づくりのコツをご紹介します。

写真1:自然の中で過ごすひと時は、疲れた身体と心をのんびりと癒してくれます。忙しい毎日だからこそ、そんな時間を持ちたいものです。
INDEX

【1】忙しい日々を癒す青空の下の楽しい時間

キャンプを楽しんでみたいけれど、準備や片付けが大変そう、もっと手軽にできたらと思う方も少なくないでしょう。そんなニーズに応えて生まれたのがグランピングです。

グランピング施設には、豪華なバーベキューセットやおしゃれなテントが既に準備してあり、手軽に青空の下で食事ができたり、星空の下でお酒を飲んだりできるようになっています。忙しい現代人にとって自然と触れ合う時間を持つのはなかなか難しいことですが、グランピングなら手間なくアウトドア体験ができるため、若い世代からシニア世代まで幅広い層に人気となっています。

写真2:我が家で手軽にアウトドアを楽しめるのが、自宅グランピングです。いつものコーヒーも青空の下で飲めば、また格別な味がすることでしょう。

更にそこからもっと手軽に、暮らしの中で自分らしくアウトドアを楽しむ、「自宅グランピング」や「ベランピング」が生まれました。ベランピングとはベランダ+グランピングのことで、自宅の庭や屋上、ベランダなどにアウトドアを楽しむ空間を作り、毎日ゆったりと暮らそうという生活スタイルです。

【2】プライベート性を高める工夫で心からリラックスできる空間に

庭やベランダをただ家の中から眺めているだけではもったいないことです。天井の代わりに青空や星空が、壁の代わりにお気に入りの木々や丹精した花々があります。そこでどんな時間を過ごしたいのか、じっくり考えてみてください。室内では得られないほど豊かな生活空間が生まれます。

写真3:ガーデン用のキッチンがあれば、準備や後片付けが楽にでき、自宅グランピングが更に楽しくなります。

例えば、屋外で食事やお茶を楽しみたいなら、キッチンとの連携を考えて計画をすることで、準備や後片付けが楽にできるようになります。アウトドア専用のキッチンを設置するのも良いですね。お天気の良い日に、屋外のキッチンでハンバーガー用のパテを焼くなんて、考えるだけでもワクワクしてきます。

自宅グランピングの空間を作る際には、プライベート性を高める工夫をしておくことも大切です。室内と違って、屋外は開放的で良いのですが、都市部では道路や近隣からの視線が気になることがあります。風通しを遮らないよう植栽やフェンスを使ってさりげなく目隠しをする、屋上空間で完全プライベートな庭を作るなど、心からリラックスできるスペース作りをしましょう。

写真4:アウトドア用の家具は高品質な物を選ぶことが、空間の完成度と居心地をアップさせるコツです。

自宅グランピングでは、家具の品質やデザインにもこだわりましょう。質の高いガーデンファニチャー(庭用の家具)は雨や紫外線などの耐久性に優れ、クッションは汚れにくく水を吸い込みにくい構造をしているため雨に濡れてもすぐに乾くなど、安心して屋外で使用できます。

青空の下、軽やかなデザインのテーブルとベンチでお茶を飲んだり、星空の下でソファーに身をうずめてお酒を楽しんだり、屋外用のカウチでお昼寝をするのも良いですね。家具にこだわることで、アウトドア空間の居心地は更にアップします。

シニア世代の中には、庭にウッドデッキを敷き、テーブルや椅子を置いたところ、孫たちが喜んで毎週のように遊びに来るようになったという声も聞きます。自宅グランピングは、いつもの毎日とは違った、非日常の特別な時間を生み出してくれます。

実際のモデルハウスの画像はこちらからご覧いただけます。

こだわりのテラス・庭

【3】プライベートガーデンはインテリア、室内からの風景を意識して

自宅グランピングスペースは、庭、ベランダ、屋上など様々な場所に設えることができます。その際は、家の内から外への連続性を意識した作りにすると、室内空間が外に向かって大きく広がります。

写真6:視線を遮らず、外とつながる心地よさを感じるサッシを選びましょう。アウトドア空間が一層暮らしの中に溶け込みます
(画像提供元 株式会社LIXIL  LW スライディング

例えば、内と外で床の高さを揃える、ウッドデッキなら材質や貼る向きを室内の床と揃え、繋がりを意識してコーディネートしましょう。床にタイルを貼るなら同じタイルを室内にも使う、視界を遮らないデザインのサッシを選ぶなどの工夫をすることで、室内が広く感じられるのはもちろん、内と外に一体感が生まれるのでアウトドア空間が暮らしの中に自然に溶け込んでくれます。

素敵なグランピングスペースを作ったら、ライトアップも忘れずにしましょう。我が家の自慢のアウトドア空間を、室内から眺める時間も楽しいものです。屋外照明はLEDを選べば紫外線をほとんど出さないので虫が集まりにくく安心です。

自宅グランピングは、毎日の暮らしに喜びと癒しを生み出してくれます。駒沢公園ハウジングギャラリーには、そんな夢のような暮らしを叶えるための住まいづくりのヒントがたくさんあります。ぜひ体感してみてください。

駒沢公園ハウジングギャラリーのモデルハウスはこちらからご覧いただけます。

気になるモデルハウスをチェック

気になるモデルハウスがございましたら、ぜひご来場いただき素晴らしいしつらえの実物をご覧ください。

監修・情報提供:尾間 紫
(住宅・リフォームコンサルタント/一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター) 一級建築士事務所 OfficeYuu 代表。

生活情報サイトAll Aboutリフォームのオフィシャルガイドとして業者選びからプランの立て方など実践的ノウハウを発信。テレビや雑誌、新聞掲載、講演などで活躍している。

©2019 Next Eyes.co.Ltd
本記事はネクスト・アイズ(株)が記事提供しています。
本記事に掲載しているテキスト及び画像の無断転載を禁じます。

12/15(土)~1/6(日)まで、システムを停止しております。

上記期間中にモデルハウスの見学及びカタログ請求をご希望の方は、各モデルハウスにお問い合わせください。

尚、各モデルハウスによって年末年始の休業日が異なりますので、ご了承ください。